複数の国家資格を取得可能|整体師は資格が不要だけど知識と技術は必要な職業
ドクター

整体師は資格が不要だけど知識と技術は必要な職業

複数の国家資格を取得可能

看護師

保健師や助産師

看護師になるためには、専門学校や短大、あるいは大学に通い、受験資格を得てから国家試験を受ける必要があります。これらのうち専門学校や短大は、卒業までに3年間、大学の場合は4年間通うことになります。なぜ修学年数が異なっているのかというと、得ることのできる受験資格の数に違いがあるからです。具体的には大学に4年間通った場合には、看護師国家試験の受験資格に加えて、保健師と助産師の国家試験の受験資格も得ることができます。つまり大学を選択し、専門学校や短大よりも1年分多く通って勉強すれば、3種類もの国家資格を取得することが可能となるのです。また中には、小学校や中学校などで保健指導をする、養護教諭の免許を取得できる大学もあります。

様々なメリット

保健師や助産師の国家資格は、看護師になってから取得することも可能となっています。しかし、改めて養成学校に入学することになるので、入学金などの支払いが必要となります。また、勉学に集中するために、退職してから入学するという人もいます。そのため昨今では多くの人が、最初から大学に入学し、看護師資格と一緒に効率良く取得することをめざすようになっています。保健師や助産師の国家資格を有していれば、看護師として就職する場合でも、雇用条件が良くなる可能性があります。同じ看護師でも、他の国家資格も持っていれば、その分の資格手当が給与に加算されて、年収が高めになることがあるのです。もちろん、転職しやすいというメリットもあります。