リハビリのプロ|整体師は資格が不要だけど知識と技術は必要な職業
ドクター

整体師は資格が不要だけど知識と技術は必要な職業

リハビリのプロ

女の人

充実した日常生活の為に

現在の日本は高齢化が進み、これからますます福祉の充実が期待されます。そんな中注目されているのが「作業療法士」です。作業療法士は理学療法士・言語聴覚士とならぶ国家資格の一つで、リハビリを必要とする患者さんのサポートをするのが主な仕事です。理学療法士と作業療法士は仕事内容で混同される事が多いのですが、どこが違うのでしょう。理学療法士は「起き上がる、歩く」など日常生活で必要な基本動作の回復をサポートし、一方作業療法士は日常生活に必要な「能力」を高めるサポートを行います。理学療法士による機能回復がなされた後、作業療法士による「生活の質を高めるリハビリを行う」と考えると分かりやすいでしょう。いずれにしても福祉社会を支える重要な資格と言えるでしょう。

将来性ある職場

患者さんにとっては日常生活の中の行動全てが作業療法のリハビリとなります。折り紙や木工・陶芸といった「手工芸」、音楽・書道・写真などの「芸術」、トランプ・将棋などの「遊び」、散歩やゴルフなどの「スポーツ」、お喋りや料理・掃除などの「生活」といった行動です。これらは身体的リハビリの対象となりますが、社会福祉士が行うもう一つのリハビリは、躁うつ病や摂食障害などの精神的リハビリも行っています。小児の発達障害などもサポートしますので、教育現場でも活躍出来るでしょう。国家資格を取得するには医療福祉関係の勉強が必須となります。資格取得後は病院や介護老人福祉施設、障害者福祉施設などの現場で活躍が期待されますが、理学療法士と比べると社会福祉士の人数は少ないので、これからますます需要が拡大される将来性ある仕事と言えるでしょう。